MBTIについての私見 byニル

nirvana

芸術を科学するをモットーに。ゆるふわINTP

nirvanaをフォローする
INTPが書いた記事

ニルヴァーナと申します。以後お見知り置きを。

今回、MBTIについて話し合うDiscord(ボイスチャット)グループのお誘いで、
みんなの心理学に記事を書くことになった。なので最初はMBTIについて触れておこうと思う。

…私はさして心理学に造詣が深い訳ではなく、芸術や科学のおまけとして心理学もかじっているだけである。専門的なことに関しては期待しないでいただければと思う。

さて、私はMBTIではINTPという、16分類の中で最も内向的で知的/オタクなキャラクターらしい。
*INTPについての詳細は省かせて頂く。MBTI公式・ブログオーナーナルキンの記事とかどうぞ。

MBTIについての私見

個人的な捉え方として、
MBTIも「誰にでも当てはまる曖昧な要素をいい感じにまとめた占い」の1種だと捉え、
なにかと応用可能な面白い枠組みだと考えている。

ぶっちゃけバーナム効果

MBTIは特定の誰かではなく、
誰もが持つ心のはたらきを記号化・性格ごとに16のグループに分け、とっつきやすく紹介している。この点においてネットミームに上手く入り込んでいるのではなかろうか。

MBTIの楽しみ方参考

1.自分自身の理解に役立てる
自分の長所や短所を知るきっかけにする。
(1から10まで全て当てはまるかどうかなんて野暮な話である)

2.他者理解
自分と違うタイプがどう感じるのか、自然と考えることができるようになる。
(うっかり他者をなんとなく分かったような気になれるだろう)_
****タイプだからあなたはこうと決めつけるのが無粋ということは、いうまでもない。

3.占いとして
友達や知り合いに簡単な心理テストとして診断させ、話しのタネにする。
あの人はこう答えそうだなと代理回答して楽しむ。タイプ相性診断とかも面白い。
占いそのものであるが。

以上。

…何がINTPらしいとか私には分からないが、私の文章が参考になれば幸いである。ではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました